見出し画像

平日の街。

こんばんは。
シンガーソングライターのSETAです。

明日は
#NACK5 #SmileSUMMT に生出演させていただきます。お昼の12時過ぎ頃登場予定です。是非、お昼休みにお聴きください!

…久しぶりの出演ということで、ちょっぴり緊張していますが、失言に注意しながらのびのびお話ししてこようかと思います。

さて、今日は私生活の話をしようかなと思います。実は、昨日から大学時代の友人が泊まりに来ていまして、思うことがあったので。

今回、彼女(友人)が我が家に来たのは遊びに来たのではなく、就活。なにやら色々と難しそうな話を電話でしていて隣にいながら「ちんぷんかんぷん!」と白目を向いていた私であります。就活を経験したことのない身としては、「大変そうだなぁ」と思うのと同時に、「私にできる応援は良き宿として食事を提供することである!」と応援隊になる気合は十分!彼女の未来に幸あれ!と今朝送り出しました。

そんな中、ふと、みなさんの当たり前の生活と私の当たり前の生活は大きく違うのだな…と改めて感じました。

極めて顕著なのが、仕事のスタイルではないでしょうか。週休二日。多くの方が平日会社に出勤してお仕事をなさっている。それに比べて私は決まった休みがあるわけではなく、自宅出勤。締め切りがありはしますが基本的に1日の過ごし方は自由です。

もちろん、どちらが偉いとか立派だとかそういう話ではありません。

ですが、平日煮詰まった時にする散歩やちょっとしたお出かけ( 毎日平均30〜1時間は歩いてます )の時に「はっ」とするのです。渋谷に…………人がいない!!!!

いや、「いない」は大げさすぎますが
デパートやスクランブル交差点を
スイスイ歩けてしまう。
休日のあの人だかりと比べると
そこは違う街のよう。

同時に、平日私が街を歩いている時
きっと、みなさんは会社で働いていて
もしくは、学校で勉強をしていて
だから、平日の街は人がいないのです。

当たり前のことを、それらしく言っておりますがこの違いこそが私の生活の大きな特徴かと思います。

近所の公園で、となりの奥様たちの会話が聞こえてきて、「どんな人なのだろう」とわざと奥様たちの方は見ずに想像するのも、広い意味で言えば私の「仕事」。そう考えると、珍しい職業を選んでしまったのだな…と思います。病院の問診票の職業欄になんて書こうか迷った時とか、特に。

平日の街、
平日の商店街、
平日の公園。

私の仕事はほとんどそこにあって
私の生活も平日の世界で成り立っている。

閑散とした道を歩きながら
ふと「孤独な自由だな」と
幸福とほんの少しの寂しさを感じたのです。

みなさんは、
どんな街を
景色を
眺めていますか?


SETA

10

SETA 公式note

singer "song & novel" writer  岡山生まれ 本の虫

SETAの日々煩い

エッセイ、読書感想 etc.
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。