見出し画像

歌のオタク

至極、わかりづらいとは思うけれど
私は毎回ライブで歌い方を少しずつ
変えるように心がけています。

理由は、
単純に同じ曲を同じように歌っていても新鮮さがなくなるというのもあるし、17歳の時に作った曲を26歳になって同じように歌うのは無理があるとか、あと、「ああ、ここがベストだ!」と自分の成長を止めないためでもあります。

まず、どうやって変えていくかというと、案外、過去に録音したCD音源が役立ったりします。だいたいレコーディングする時というのは、まだ歌ができて間もないので、癖だとか邪念とかが入りにくい「クリアな歌」が歌えます。でも、何度も歌っているうちに欲や癖が出てきて「ここはもっと溜めて…」とか「語尾の声をかすれさせたほうがいいかも」とか色々付け足しちゃうんですよね。その半分は、正解で、残りの半分は失敗だったりってこと……ええ、よくあります。涙

だから、毎回ライブのたびにスタート地点( CD音源 )に戻って、再出発!という、はたから見たら同じところをぐるぐる回ってる?!行為を繰り返しています。

まぁ、でも好きなことだから
ぜんぜん飽きないって…みなさんも何かありますよね?

カレーが好きすぎて、毎日スパイスを変えてカレーを食べ続ける人もいるし、同じような人を好きになって、同じような結末を繰り返し迎える人もいるし…何かを好きになる気持ちって、人間を少しお馬鹿にしてくれる最高の相棒だなって思ったりします。

2日後、久しぶりにライブハウスでライブをします。しかも、生ピアノで弾き語り一本勝負!この日のために今回もほんの少し歌い方を変えて調整して臨みます。きっと誰も違いに気づかないかもしれないけれど、いいんです。笑

9/23 shibuya gee-ge
「ウダガワガールズコレクション特別編」
開場18時 開演18時半
出演者は、見田村千晴さん、マキアダチさん、sachi.さん、めばゑさん、ななせさん、そして私(SETA)です。私の出演時間は3番手の19:15頃からを予定しています。

我こそは!セタの歌い方の違いを分析できる!という猛者のみなさん、お待ちしてます。ぜひ、お越しください。

SETA

9

SETA 公式note

singer "song & novel" writer  岡山生まれ 本の虫

SETAの日々煩い

エッセイ、読書感想 etc.
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。