あと一ミリ足りない人生_jacket.Ajpg

2019.6.13リリース「あと一ミリ足りない人生」 歌詞&試聴

SETA
00:00 | 00:30
「あと一ミリ足りない人生」 作詞/作曲 SETA

産毛を立てた彼女
裂けそうな瞳を転がし
涙が落ちるのを望んでいた

賢く生き延びるのよ
母はいつも叱った
彼女は優しさと愚かさを測れない

毒だらけの世界は悲しいけど 
愛だらけの世界も疎ましい
あゝあゝ されるがままの彼女はいとおかし

大人になったとしても
足りないこの隙間を
彼女はあの時もう知っていた

無駄に与え続けては
見返りは求めずに
何かが弾けてはただ歯を食いしばった

初めから悪けりゃ何も言わないのに
堕ちて行く時は晒し者さ
あゝあゝ 置き去りにした心はいとおかし

騙す方じゃなくて騙される方で
よかったよかった
そう微笑みながら
もらうよりもずっと与えることができて
よかったよかったよかった
いつもそう言ってた

そして僕らは知ることだろう
あと一ミリ足りない人生
あゝあゝ されるがままの僕らは美しい

騙す方じゃなくて騙される方で
よかったよかった
そう微笑みながら
もらうよりもずっと与えることができて
よかったよかったよかった
いつもそう言ってた
3

SETA 公式note

singer "song & novel" writer  岡山生まれ 本の虫

音楽作品

全曲試聴、歌詞
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。