見出し画像

楽描き「タンポポ」

花壇の花を全部抜いて
君は言ったね
「これで、世話しなくて済む」って
金木犀の残り香だけが
亡霊みたいに漂っていた

横断歩道を渡れなかった
わたしの横を
右手を上げて君は渡っていく
その後ろを歩いていれば
安全な気がしていたんだ

いつも正しいを決めるのは君だった
いつもわたしを見下ろす君だった

そして、時が経ち
君が抜いた花壇にポツンと
抵抗するように咲くタンポポ
もっと咲けばいい
何度も抜かれてしまえばいい
そして、また、咲くんだ

迷いの糸を断ち切るように
君にさよならと言う

君が欲しかったのは
「水のいらない花」
わたしには水が必要だった
わたしがタンポポだった

画像1


12
歌絵文作家 岡山生まれ 本の虫