いちじく_アー写

「金魚鉢」歌詞&曲試聴

SETA
00:00 | 00:30
金魚鉢 作詞/作曲 SETA

あたしは生まれた時から
赤い小さな金魚で
何かにすがることもできずに

そんなあたしの前に突然
現れた君はおいでの一言に
あたしは救われたの

そんな君はある日ね 出かけてくるねと言って
家を出て行ったのさ
待ってて帰って来るからと
それなのに次の日も その次の日も帰ってこない
何度も涙浮かべて滲んだ夕日眺めた

金魚鉢の中 ひとり君を待つ
信じていたのよ だって君しかいないもの
ここを飛び出して 君に会いたいけど
金魚鉢でしか あたしは生きられないから

君と過ぎた日々を水面に浮かべて
あたしは知ったの 命がつきそうだと

君を恨めはしない あんなに愛をくれたんだもん
それでももうここにはいられないね サヨナラ

金魚鉢の中 今日も君を待つ
信じているのよ だって君しかいないもの
でも決めたんだよ 最後の賭けを
ここを飛び出して 1人あたしは生きていく

ああ、決意の朝 最後の力振り絞り
君との思い出のうつる水面破った

金魚鉢の外 息は苦しくて
あたし決めたのに 全てもう終わりなんだね

最後の息を吸って 涙一筋流れた
窓から見えた景色は青い空で…


※1stアルバム「いちじく」収録曲
3
singer "song & novel" writer 岡山生まれ 本の虫