見出し画像

君へ

君はいいよな。

ふわふわしていてかわいいし
向日葵の種があれば
世界で一番幸せそうな顔をするよな。
貪欲でないところがいい。

君はえらいよな。

毎晩、回し車で体を鍛えているし
人見知りしないで誰の手の上でも
キャベツを食べているよな。
疑わないところがえらい。

君はずるいよな。

そのぷりぷりのお尻が見たいのに
なかなか見せてくれないんだから。
前世はきっとモテ男だったんだろう。
媚びないところがずるい。

君は儚いよな。

もうわたしの歳を追い越したなんてこと
君にとってはどうでもいいことなんだろう。
今日も回す回すよ回し車
君はほんとうに儚いよな。

だけど、君は強いよな。
掌の上に君が乗るたびに
楽しそうな気持ちが伝わるよ。
死ぬのが怖くないって感じ。
今を楽しんでるって感じ。

君を見ているとまるでわたしの方が
弱い生き物な気がする日もあるよ。

だから、そういうことにしよう。
君を見習って、えらくてずるくて儚くて強い生き物にいつかなるんだ。誰かの掌を握るたびに、楽しそうな気持ちを伝えられる。そんな生き物にいつかなるんだ。

SETA


11
singer "song & novel" writer  岡山生まれ 本の虫

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。