見出し画像

大人記念日の裏側。

こんにちは。SETAです。今まで個人の #note の方でボソボソと文字でお喋りして参りましたが今年からこちらのページでボソボソ喋ります。

さて、先日1月10日は
「大人記念日」の配信リリースでした!
聴いたよ!という方
みなさんありがとうございます!

リリース当日は
#FMNACK5 さんの #monaka に呼んでいただき
次の日から地元岡山の #FM岡山 さんで
#牛嶋俊明ドリームファクトリー
#WEEKENDPARADISE
1月12日は #アリオ倉敷 での
#ariohappysaturday 公開生放送とミニライブ。


大変充実した、密の濃い三日間を
過ごすことができました。

改めて、聞いてくださった方
ラジオ局の方、そして、スタッフさん
たくさんの方に支えていただき
ありがとうございました!

三日間かけて、この曲について
語り倒してまいりましたが
この場所を借りて文字でも
お話ししたいな、と思い今この文を書いています。

お付き合いいただければ幸いです。

さて、今回曲を作るにあたって
「大人になる前の若者たちへ」という
テーマを決めて作りました。
まだ聴いてないよ!って方はこちらのページでフル視聴、歌詞公開してますのでぜひ覗いてください。( 下の写真をクリックするとページに飛びます。)


子供の頃、「早く大人になりたい」と悔し涙を流すことがあったり、またある時は「大人になんかなりたくない」と敵意をむき出しにしたこともございます。でも、そんな不安定で多感な時期を越えて誰しもが「大人」になっていくわけで、大人になることをいつしか受け入れる日がやってくるわけです。

その複雑な心境を
サビ部分の「大人になってしまった」というネガティブな言葉と「大人になっていくんだ」というポジティブな言葉で表しました。

後になって歌詞を数えてみると
「しまった」の登場回数が21回。
「いくんだ」が3回。
87.5パーセントがネガティブで
12.5パーセント背中を押している。
そんな楽曲になっています。笑

不思議なもので、25歳になった今でも
時々、「うわ、わたし子供」と思う瞬間もございますし「おお、大人になったなぁ」と思うこともあります。要は、比率なのかなと思います。大人という認識で過ごす瞬間が、歳を重ねるにつれて少しずつ増えるだけで、本来どんな大人にも「子供」の心があるのかなと、この曲を作りながら考えました。

そして、歌詞がこんな調子ですので
メロディでは明るく!みんなが口ずさみやすいメロディにしたいなぁと思い、童謡風に仕上げました。

もちろん、わたしが作ったデモを
我がサウンドプロデューサー #佐橋佳幸 さんに
渡しましたら、これまた素晴らしいお仲間を
つれて来てくださり…

ギター #佐橋佳幸 さん、ベース #有賀啓雄 さん、パーカッション #藤井珠緒 さんの最強サウンドで仕上がっております。

もう、わたしは口を出すまでもなく
「素晴らしい」編曲になっておりまして
そこも踏まえて是非聴いていただきたい!
配信ではございますが、ハイレゾも
ありますのでいい音で、ね!笑
( 下の写真をクリックするとページに飛びます。)


2019年、始まったばかりですが
この曲を皮切りに頑張ろうと思います。

今後とも、ネガティブ8割、ポジティブ2割なわたしですがよろしくお願い致します。

SETA

14
singer "song & novel" writer  岡山生まれ 本の虫

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。