見出し画像

最近読んだ本ベスト3( 7〜8月編 )

少し前に買いだめした本達も
完読が近づいてきたので
「私的」最近読んだ本ベスト3を
独断と偏見で発表します!たったら〜♪

最近、久しぶりに活字読みたいな。
と思っている方の参考になれば幸いです。

まず、ベスト3!
#ひと#小野寺史宜

両親を亡くし大学を辞めた主人公が、コロッケ屋さんの店主にコロッケを一つ譲ってもらった事から、少しずつ回復し、生きることに前向きになっていくストーリー。

すごいのが、派手な物語展開があるわけでもなく、登場場面もコロッケ屋さんと自宅アパートがメインという簡素さ。でも、だから、リアルなんです!心に響くのです!実際、普通に生きていていきなり大きな事件に巻き込まれて…ってなかなか少ないですよね。主人公が、少しずつ僅かな変化を重ねてやがて光が差していく様に、誰もが共感すると思います。そして、登場人物に悪い人が少ないのも個人的には好物でした。重い話は…ね、胃もたれしちゃうから…(笑)本屋大賞第2位!これは、やるせない時におススメです!

ベスト2
#傑作はまだ #瀬尾まいこ

「はじめまして」
ある日、引きこもりの小説家の元へ「会ったことがない実の息子」が訪ねてくる。それから、父と息子の0からの共同生活が始まって…?!

こちらも、ほっこり系のお話なのですが、瀬尾さんの作品はどれも笑いのセンスがツボで……たくさん笑わせて頂きました。実はこの本 #SETAのオールナイトニッポンi 内でシンガーソングライターの #カノエラナ さんにオススメさせて頂いた本。引きこもりの父と、溌剌とした人当たりの良い息子。まるで血の繋がりを感じないほど違った親子が、今までの空白の時間を埋めていく様を暖かく、そして、ユーモアに描かれています。登場人物がみんな愛くるしいキャラクターに設定されているのも素晴らしい!一人でにやけたい時におススメです。

そして、ベスト1は!!!!
#そしてバトンは渡された #瀬尾まいこ

父親が三人、母親が二人いる主人公のちょっと変わった家族の形。

って、私完全に瀬尾まいこさんのファンですね(笑)なんと、2冊もランクイン!いやぁ、本当こんな物語思いつかないよ!こんな文章の温度最高だよ!憧れだよ!…という、読むと悔しくなってしまう本です(笑)設定がまず「え?親多くない?どういうこと?」ってなると思うんですが、全然不幸な空気がない。むしろ、新しい幸せの定義を付きつけられる一冊でした。そして、血が繋がっていないからこそ普通の家族よりも互いが互いを思いやったり尊重したり、踏み込んだりするやりとりに「家族って大事なのは血じゃないよね?」と根本概念を優しく覆してくれる一冊。そして、「傑作はまだ」と同じくユーモアに溢れています。ちなみに、私はこの本に丸一日捧げて読みきりました(笑)ぜひ!これは、ぜひ!体験してください!

…ということで、独断と偏見まみれ(笑)の個人的、最近読んだ本ベスト3でした!

今夜は、19時から #SETAのオールナイトニッポンi 生配信ですよーーー。 #note 内での配信ですので、ぜひ19時からお耳をお貸しください。 #thesuperball の佐々木先輩と曲を作ります。それでは!夕方お会いしましょう!


7
singer "song & novel" writer  岡山生まれ 本の虫

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。