見出し画像

楽描き「飛びたい翼」

今日ね、いつものお花屋さんで
一本お花をサービスしてくれたの
ちゃんとね、わたしの目を見て
いつもありがとうございますって
わたし、うれしくて、飛びたくなった

そこのね、新しくできたお店の
サンドイッチ、お日様の味がしたの
ちゃんとね、誰もいない公園で
マスクを降ろして食べたあの味は
わたし、しあわせで、笑ってしまう

わたしが好きなわたしの翼
誰にも見えないわたしの翼は
飛びたがっているんだ
窮屈なこの一年から
今にも飛び立ちそうになっている

だけどね、もう少し我慢するよ
本当はね、お花屋さんじゃなくて
温泉に、行きたいけれど
本当はね、サンドイッチじゃなくて
お寿司が、食べたいけれど

だけどね、もう少しだけ我慢する
だって、わたし知らなかったの
目を見てありがとうっていわれる嬉しさを
公園で食べるサンドイッチの美味しさを
もっと、知りたい
もっと、知ってみたい
もっと、もっと、もっと!!!

わたしが好きなわたしの翼は
いつか飛び立つ時まで
ベランダで布団と一緒に干しておこう

画像1


11
歌絵文作家 岡山生まれ 本の虫