見出し画像

ふしぎなはなし

ふしぎなはなし
怪我に気づくまで痛くなかったのに
気づいた途端火がついたように痛くなること

新しいことを覚えると
昔のことをひとつ、忘れてしまうこと

好きだったひとの話は
いつ聞いてもむず痒いこと

ふしぎなはなし
ペットボトルで飲むよりも
グラスに注ぐお茶は美味いこと

立ち直れないと思ったことも
意外と立ち直れてしまったこと

待つのも待たせるのも辛いということ

一緒にいる人によって
時間が伸び縮みすること

どれも、科学じゃ説明できない
ふしぎなはなし。
ひとの心についた触覚のおはなし。

SETA

11
singer "song & novel" writer 岡山生まれ 本の虫

この記事が入っているマガジン

SETAの日々煩い
SETAの日々煩い
  • 209本

エッセイ、読書感想 etc.

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。