見出し画像

感謝!「東京地下2階」公開開始。

こんにちは。
シンガーソングライターのSETAです。

本日より「東京地下2階」を
ひつじとくじら名義で公開開始しました!

大学在学中からこのプロジェクトが始まり……ようやく皆さまにお見せできて1人勝手に感動してしまっている( まだ早い )私です。

さて、もう読まれた方もいらっしゃるかもしれませんが「東京地下2階」のあらすじや、この作品を発表するまでの経緯を本日はお話ししたいと思います。

この物語は
東京を舞台にアイドルグループ「MAYAKASHI」として活動する4人の少女たちの物語です。子供と大人の間で苦悩する4人の少女たちが、大人へと成長して行く青春小説となっております。

「ひつじとくじら」という名義についてですが
小説を作るにあたって出会いにも恵まれ
力を貸してくださる方たちも現れたので
「小説ユニット」としての名前を新しくつけました。

タッグを組んだのは、広告の世界でコピーライターとして活躍されている保持壮太郎さん。はじめはメモの羅列のようだった私の文章が保持さんの力によって整頓され、少しずつ骨組みが出来上がって行きました。「平成最後の小説にしよう」とタイトルやキャラクターの設定なども発明してくれました。よって、最初に自分で構想していた物語がPOPに、そして、よりリアルに生まれ変わりました。

そうは言っても、
私はシンガーソングライター
保持さんはコピーライター。

長編に関しては、2人とも未知の世界でした。そこに現れたのがコルクの佐渡島庸平さん。

長編のプロである佐渡島さんから、いくつかヒントを頂き書き直し書き直し書き直し………( エンドレス )笑
このSNSの時代を生かし、「ひとまず先ずは公開を!」と喝を入れてくださったのも佐渡島さんです。なるべく完璧な形で公開したいと思っていたのですが、この意見を聞いて「確かに、私は素人なのだから恥ずかしがらず公開してみなさんと意見交換をしながら育てていけばいいのだな!」とスッキリした私であります。

というわけで、この物語は
ある意味、まだ未完成な物語です。

noteという、文化に敏感な方たちの集まる場所で皆さんとこの作品を育てて行きたいと思うので、ぜひ意見や感想お待ちしております。

とにもかくにも、今夜はごちゃごちゃ考えずに
公開できたこの日を素直に祝おうと思います。笑
皆さま、今後もシンガーソングライター SETA
そして、新人小説ユニット ひつじとくじらを
よろしくお願いいたします!

SETA


8
singer "song & novel" writer 岡山生まれ 本の虫

こちらでもピックアップされています

SETAの日々煩い
SETAの日々煩い
  • 212本

エッセイ、読書感想 etc.

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。