SETAの日々煩い

277

最近読んで面白かった本

ご無沙汰です。

さて、本日は大人になってしまった今だからこそ読みたくなる「子供が主役の物語」を紹介します。子供は、天使のようでもあり、大人でも躊躇うような残虐的な顔もあり、その不安定さが美しさでもあり……大人の方がよっぽど単純で、子供の方が複雑な見所があるような気がします。そんな見所が満載の3冊!行ってみましょう!

No.1「 #チルドレン  」 #伊坂幸太郎

独自の正義感を持ち、いつも他人を

もっとみる

最近読んで面白かった本

突然ですが、皆さんは「他人なのにわたしのようだ」と誰かに対して思ったことはありますか?例えば、太宰治さんの「人間失格」を読んだときに「ここに自分がいると思った」と回答する人は多いと思います。時代は違えど、人間がもっとも共感するのは綺麗な物語より、気軽に打ち明けられないような愚かさや弱さだったりするのかもしれないなぁ、と思う今日この頃。ということで、今回はそんな共感度マックス!人間臭さと青臭さ、オー

もっとみる

最近読んで面白かった本

本が好きとはいっても、分厚い本を読んでいると頭も疲れてくるし、なにより現実世界に戻ってくるのに時間がかかって日常生活に支障が出る………なんてこと、ありませんか?最近自宅で筋トレをしているのですが、筋トレの前後のストレッチが何より大切らしく、読書も似たようなものだな、と思いました。ということで、今回はいわゆる肩の力を抜いて楽しめる「ストレッチ本」を紹介します。分厚い本を読む前に、もしくは、読んだ後に

もっとみる

最近読んで面白かった本

物語を読んでいると、それがフィクションだとわかっていてもハッとさせられる瞬間があります。それは、自分に身に覚えがある感情だったり、今まで忘れたことにした過去だったりして、主人公と共に物語という旅路を終えると、ちょっと強くなった気持ちになるもんです。そんな、読み終わった後「わたし、変わった気がする」と感じさせてくれる物語たちを今回は集めてみました。

No.1「82年生まれ、キム・ジヨン」チョ・ナム

もっとみる