SETAの日々煩い

274

楽描き「穴」

どこもかしこも工事をしている
大きな空き地に穴を掘って
大きな老人ホームを建てるんだって

大きな大きな穴だから
大雨が降ったら
大きな池になるかな
そこに金魚を離したら
綺麗だろうなって
工事が始まった時は思っていた

どこもかしこも工事をするから
窓の向こうは穴だらけ
歯を大切にしなかったら
こんなことになるのかなって笑った

久しぶりに会った父と母は
少しずつ老いているのだとわかった
久しぶ

もっとみる

楽描き「飛びたい翼」

今日ね、いつものお花屋さんで
一本お花をサービスしてくれたの
ちゃんとね、わたしの目を見て
いつもありがとうございますって
わたし、うれしくて、飛びたくなった

そこのね、新しくできたお店の
サンドイッチ、お日様の味がしたの
ちゃんとね、誰もいない公園で
マスクを降ろして食べたあの味は
わたし、しあわせで、笑ってしまう

わたしが好きなわたしの翼
誰にも見えないわたしの翼は
飛びたがっているんだ

もっとみる

楽描き「コロコロ」

そろそろ 
コロコロ
しなくちゃな

目には見えない
小さなホコリも
細くて 茶色い
わたしの髪の毛も

根こそぎ ぜんぶ
まとめて 粘着
そこどけ 蜘蛛よ
逃げたら つづき

コロコロを転がす
ホコリのない一本線
透明なレッドカーペットみたい
コロコロを剥がす
心機一転場所を変えて
まだまだきれいになりそうだ

根こそぎ ぜんぶ
まとめて 粘着
そこどけ 蟻よ
何故 ここに

コロコロは進んでく

もっとみる

楽描き「まだちょっとある」

まだちょっとある、と
思いたかったんだろうか

犬はいつまでも舐め続ける
もう空っぽになった餌入れを
まだちょっとある
まだちょっとあるはず
犬を餌入れから剥がす時
少し意地悪な気持ちになる

背中を向けて眠る君の背中に
終わりそうな恋の灯火
まだちょっとある
まだちょっとあるはず
手を伸ばしては止まる
拒絶されるのはいつだって辛い

高熱を出した子供は苦しそうだ
味もわからぬお粥を
舌を焼きなが

もっとみる

楽描き「お団子スイッチ」

あなたの前で
お団子をつくるのは
誘惑してるわけじゃない

少しやる気が欲しいとき
少し気合を入れるとき
お団子スイッチを押してるだけ

あなたの前で
髪をかきあげるのは
色気を出してるわけじゃない

少し視界が悪いとき
少し話がつまらないとき
髪をかきあげているだけなの

ピリピリするリップグロスは
眠気覚ましをする為に
赤い下着をつける日は
大事な仕事に向かう日だ

だけど、たまに本気で誘った

もっとみる

楽描き「幻の人」

勉強をしながら
遊んでいて
眠りながら
計算ができる
そんなひとっている?

優しくもあって
美しくて
賢くて
料理がうまい
そんなひとっているの?

黒板の上に貼られたスローガン
「みんな違ってみんな良い」
わたしは幻を見上げている

頑張りさえすれば
苦手なことを
なんだって
克服できる
そんなひとっている?

楽しくもあって
詳しくて
謙虚で
欲がない
そんなひとっているの?

来週は身体測

もっとみる