SETAの日々煩い

280

最近読んで面白かった詩集

詩を嗜む人ってどんな人だろう。と考えると、ウイスキーを片手にロッキングチェアに揺れている……そんな人を想像していた。言葉は少なくなればなるほど読み手の理解力が試されるので、詩を読み解くというのは、私にとってかなり難易度の高いものだった。しかし、ここ最近詩集を読むようになってから、イメージが変わってきた。小説を読む時、私は物語の中心人物になるのに対して、詩を読む時の私は自分と向き合っているような感覚

もっとみる