SETAの日々煩い

216

前髪のおまじない

学生時代、いつも前髪を気にする友達がいた。

彼女の前髪は目のギリギリ上のラインで綺麗に切りそろえられていて、ポケットには折り畳みの小さな櫛を入れている。そして、度々それを取り出してささっと前髪を整えるのだ。だから、その子の前髪はいつも完璧だったし、さらに本人は「朝に軽くスプレーで固めてるんだ」と言っていた。

彼女は、まさに前髪のプロだった。

でも、話している途中でも前髪を触っているとなるとさ

もっとみる

窓越しの住人

はーい、いくよー!の掛け声の直後。
「ガッシャーン!ゴロゴロゴロ!」
ここ最近、家の周りが騒がしい。どうやら家を取り壊しているらしい。というわけで、現在、わたしは、ショートケーキのように少しづつ欠けていく見知らぬ人の家を眺めながら生活しています。

ところで、みなさんは
家を壊す様を見たことがありますか?
わたしは、今回が初めてです。

初めてこの様子を目にするまでは、家を壊すと言ってもハンマーで

もっとみる