音楽作品

15
「普通の女の子」歌詞&曲試聴

「普通の女の子」歌詞&曲試聴

普通の女の子 作詞/作曲 SETA 普通の女の子 普通の女の子だった 昨日までのあたし あなたにさらわれた 普通の女の子 普通の女の子ってなに? ひらひら夢みて 何もできないの いま  あなたにひざまずいた夏が あたしの心のど真ん中 1回でも100回でも ぐるぐるかき混ぜるから なぜ 今まで 気づかなかったんだろう 遠くに行く君への思いを 100回でも1回でも 伝えたかったよ あなたに 普通の帰り道 普通の帰り道だった 君とは最後の寄り道だった いま あなたに洗われた空が あたしの心に聞くから 1回でも100回でも 見送った言葉たち なぜ こんなに弱くなってしまったの 強気な笑顔で送り出してよ 100回でも1回でも あなたのために 踏切前で振り返る あたしより大きくなったなぁ あなたの背も あたしの気持ちも… いま あなたにひざまずいた夏が あたしの心のど真ん中 1回でも100回でも ぐるぐるかき混ぜるから なぜ  今まで気づかなかったんだろう 遠くに行く君への思いを 100回でも1回でも 伝えたかったよ あなたに あなたに あなたに ※1stアルバム「いちじく」収録曲

4
「金魚鉢」歌詞&曲試聴

「金魚鉢」歌詞&曲試聴

金魚鉢 作詞/作曲 SETA あたしは生まれた時から 赤い小さな金魚で 何かにすがることもできずに そんなあたしの前に突然 現れた君はおいでの一言に あたしは救われたの そんな君はある日ね 出かけてくるねと言って 家を出て行ったのさ 待ってて帰って来るからと それなのに次の日も その次の日も帰ってこない 何度も涙浮かべて滲んだ夕日眺めた 金魚鉢の中 ひとり君を待つ 信じていたのよ だって君しかいないもの ここを飛び出して 君に会いたいけど 金魚鉢でしか あたしは生きられないから 君と過ぎた日々を水面に浮かべて あたしは知ったの 命がつきそうだと 君を恨めはしない あんなに愛をくれたんだもん それでももうここにはいられないね サヨナラ 金魚鉢の中 今日も君を待つ 信じているのよ だって君しかいないもの でも決めたんだよ 最後の賭けを ここを飛び出して 1人あたしは生きていく ああ、決意の朝 最後の力振り絞り 君との思い出のうつる水面破った 金魚鉢の外 息は苦しくて あたし決めたのに 全てもう終わりなんだね 最後の息を吸って 涙一筋流れた 窓から見えた景色は青い空で… ※1stアルバム「いちじく」収録曲

3
「私のせいで」歌詞&曲試聴

「私のせいで」歌詞&曲試聴

私のせいで 作詞/作曲 SETA 今夜私のせいで あの子が泣いてる 私のせいで 私のせいで 昨日 あの子の為に私が汚れた あの子のせいで あの子のせいで ああ 都会に来たから もう もう 終わりだと思ってた うまくできなかった となり 色目使いよ サヨナラ 春がまた来たら 新しい風を待って 夏が来れば そんなもんかと 秋になったなら きっと今年もあきらめて 冬になれば 何もできない 今夜私のせいで お母さんが泣いてる 私のせいで 私のせいで 昨日お父さんの為に私が嘘つく お父さんのせいで お父さんのせいで だけど、そうでもして 私繋がっていたいの こんな世界と こんな世界で 誰かのせいじゃなく 私のせいでいい 私の人生 私の毎日は Oh・・・そうやって Oh・・・いつか Oh・・・土になり 誰かのために ※1stアルバム「いちじく」収録曲

2
「サンデー」歌詞&曲試聴

「サンデー」歌詞&曲試聴

サンデー 作詞/作曲 SETA 生まれてしまえば 生きねばならない 生まれてしまえば 死なねばならない 死んでしまえば 灰にならなくては 生きてきた全てを 返さなければ それなら何のために生きましょう 気怠い日曜日に 伸び切った時間 潰してるだけじゃ 物足りないのに 今日も ただただ息をしているよ 夢があるなら 苦しまなければ 愛されたければ 愛さねばならない 傷を知らずに 手に入らない 痛みを飲み込んで さよなら それなら何のために死にましょう 気怠い日曜日に 澄み切った空が えぐる涙さえ 見せられないのに 勝手に大人になってしまったよ それなら何のために生きましょう 出会ってしまったなら 逃げられない 別れが来るのは 嫌なんだ それでもまた日曜はやって来る 生まれてしまえば ルルルルルルルルルル… ※1stアルバム「いちじく」収録曲

2
「虹色ペダル」歌詞&曲試聴

「虹色ペダル」歌詞&曲試聴

虹色ペダル 作詞/作曲 SETA どうやったって損をしたって 嘘は痛いよ そうでしょ? そうやったってやりくりしたって 辛くなるのは君だから おかしいな いきなれた道がわからないな そんなとき現れた 虹色の自転車に僕は足をかけた 探しに行こう アイマミーマイセイヘイセイイェー 虹色ペダルで ヘイヘイソーソーヘイイェー 覗き込んでる クレイジーファンシーソーソーヘイイェー 手を伸ばしてみて ソーソーセイヘイセイイェーイェー そうやったって損をしたって その手で守る何かが どうやったって君の誇る 愛のカタチだったはずでしょ? おかしいな 僕はまだ昨日にいるみたいだ そんな日は さぁ行こう! 虹色の自転車で明日に足をかけた 探しに行こう アイマミーマイセイヘイセイイェー 虹色ペダルで ヘイヘイソーソーヘイイェー 覗き込んでる クレイジーファンシーソーソーヘイイェー 手を伸ばしてみて ソーソーセイヘイセイイェーイェー 無くしかけてた アイマミーマイセイヘイセイイェー 大切なものたち ヘイヘイソーソーヘイイェー ここにあるんだよ アイラブユーラブセイヘイセイイェー 次目覚めたなら ユーアースーパーマン 夢から目覚めた僕の目は輝いてた グッバイ ※1stアルバム「いちじく」収録曲

2
「First Boy」歌詞&曲試聴

「First Boy」歌詞&曲試聴

First Boy 作詞/作曲 SETA あくびをしたすぐ後に となりで笑う君がいた 帰り道 君はそっとさりげなく 手をつないだね 流れ行く時の中で 君のこと知りたくなって 君に触れられたその時に ねぇねぇねぇ あなたがFirst Boy もっと知りたいよ Darling 君のものにしてよ 大人にして 君のその手で あなたがFirst Boy 全部おしえてよ Darling 私だけに見せて こんな気持ち初めてだよ 愛してる よく笑う君の横顔に 見惚れてしまう あたしだった 大人っぽい 君の全てが キラキラ 輝いて見えた 愛する人に出会えたの きっとこれは 間違いじゃないの 好きだよって君が言ってくれたとき ねぇねぇねぇ あなたがFirst Boy 後悔はないよ Darling 君のものにしてよ 誰よりも 近づきたいの あなたがFirst Boy ずっと忘れないよ Darilng 君のぬくもりは 刻みつけて呟いた あなたがFirst Boy もっと知りたいよ Darling 君のものにしてよ 大人にして 君のその手で あなたがFirst Boy 全部おしえてよ Darling 私だけに見せて こんな気持ち初めてだよ 愛してる ※1stアルバム「いちじく」収録曲

1
「純愛マーチ」歌詞&曲試聴

「純愛マーチ」歌詞&曲試聴

純愛マーチ 作詞/作曲 SETA 君の最後は私なの 最後の恋だと言わせたい それが あたし 命尽きる までに望む約束です もし私が苦しい時 グチャグチュ イライラぶつけて もし君が忙しいのに デレデレ イチャイチャしながら 君の空が灰色になってきたら右手挙げて 教えて 教えて Yeah! Yeah! 君の最後は私なの 最後の恋だと言わせたい それが あたし 命尽きるまでに望む約束です 毎日すぐ君に会いたい そんなのずっとは続かない だから たまに ありがとうと抱きしめてくれたらいいよ 二人 少し古くなっても 君の最後は私なの 最後の恋だと言わせたい それが あたし 命尽きるまでに望む 約束です 毎日すぐ君に会いたい そんなのずっとは続かない だから たまに ありがとうと抱きしめてくれたらいいよ いいよ ※1stアルバム「いちじく」収録曲

1
「噛みつきたい」歌詞&曲試聴

「噛みつきたい」歌詞&曲試聴

噛みつきたい 作詞/作曲 SETA 追いつきたい 追いつけない Baby 噛みつきたい 噛みつけない My Boy 止められない 止めないで Maybe 膨らめば 縮むのが 怖い Cry 季節が変わる 夢に見てた愛を教えて 夢で見てた恋に応えて 見せつけたい 自慢したい Baby 抱きしめたい 抱きしめて My Boy 確かめたい 自信はない Maybe 夢見れば 過ぎるのが 怖い Cry 追いかけても 君のせいで心ユラユラ 君のせいで日々がキラキラ 君はさらに神に近づき 君はさらに謎に呑まれた ランラン ラララララン 噛みつきたい ランラン ラララララン 涙も 笑顔も 残らず 忘れぬよう 君のせいで 心ユラユラ 君のせいで 日々がキラキラ 君のせいで 嘘を覚えて 君のせいで 大人になった ランラン ラララララン 噛みつきたい ランラン ラララララン 涙も 笑顔も 残らず 忘れぬよう ※1stアルバム「いちじく」収録曲

1
「はれるよ」歌詞&曲試聴

「はれるよ」歌詞&曲試聴

はれるよ 作詞/作曲 SETA 赤く染まる夕日を背中に閉じ込め 何故か今しか見えない蒼き二人は 君と出会ってから知らない 言葉が 気持ちが 増えていた 鮮やかな夕日もかくれんぼ夕日も ほら 今も 等しく燃えてる だから君の雨も優しく拭いてあげる ほら いつか はれるよ 青く光る涙の意味も分からずに 何故か届かない答えを君に見つけた 君の半分さえ知れない 苛立ちさえも恋の味 鮮やかな夕日もかくれんぼ夕日も ほら いつか 消えてしまうんだ だからこの命もあの山の向こうへ ほら 走り ぬけるよ だから君の雨も優しく拭いてあげる ほら いつか はれるよ ※1stアルバム「いちじく」収録曲

3
「遠距離ぼっち」歌詞&曲試聴

「遠距離ぼっち」歌詞&曲試聴

遠距離ぼっち 作詞/作曲 SETA 掬い上げても 救いようがない こぼれるほどに恋してる 春風運ぶ西の窓から 君の影を探すのです 跳ねた足元 水たまり 君のとこは晴れの予報 ユラユラ モヤモヤ 今夜も遠いね あぁ マッハで逢いたい あぁ ぼっちで眠れない あぁ マッハで逢いたい あぁ ぼっちで眠れない 駅のホーム 抜け出す迷路は 毎朝 人で溢れてる だけど私は 一人きり ただ君だけを 待っている カラカラ シクシク 今夜も寒いね あぁ きっとじゃ足りない あぁ やっぱりしまえない あぁ マッハで逢いたい あぁ ぼっちで眠れない 掬い上げても 救いようがない こぼれるほどに恋してる ※1stアルバム「いちじく」収録曲

3